陽光を爪にのせつつ歩く春

遠足のお菓子に蝶は含みません

ロッカーに椿の花をねじり込む

骨盤に紋白蝶が群がれり

振り向いてあなたの嘘に手を振りぬ

 

春嵐 九九は呪文と聞かされき

嘘つきのアリスは青がよく似合う

月曜はきれいな嘘がつけない日

かすみ草束ねるように髪を結う

春雷に殴られてみるバースデイ

復讐のお供にサクラドロップを

 

ミュウミュウと桜並木に風が吹く

道を行くタンポポ色の帽子たち

茹でたてのアスパラガスの誠実さ

木蓮の白い破片が落ちている

目を見たり声を聴いたりマルチーズ

中庭で怠け者だと殴られる

石鹸のましろい泡よ春の宵

菜の花が綺麗でついに立ち止まる

春だけどポップコーンは食べません

>>

2006-07

 

 

 

 

 

2005

 

 

 

 

 

 

2004

 

 

 

 

 

 

 

 

 


© Umi Sato All Rights Reserved.