ペガサスの凍死実態調査室

水飴のような日差しが庭に降る

日光をさらさら積みし霊柩車

おまえなら帰れるだろうと獏が云う

くきくきと降りしきりおり冬の雨

 

筆ペンを使いこなして遺書を書く

葬式はルールを守って順番に

敬虔な気持ちで新幹線に乗る

祈りなさい消毒液の無慈悲など

すべらかなペンシル握り泣きそうだ

トランプを配り終わってでも生きる

 

真っ白な世界、真っ黒な世界、冬

誰よりも遠くへ逃げて 雪が降る

ほんとうのことばかり言う冬の朝

解決はしないけれども餅を食う

叱られた分だけ落ちる霙雪

マフラーを巻きすぎている帰り道

羊の毛刈りたい時はジャムを食む

限りなく真っ赤な椅子に腰掛ける

正月は優しい人とお雑煮を

>>

2006-07

 

 

 

 

 

2005

 

 

 

 

 

 

2004

 

 

 

 

 

 

 

 

 


© Umi Sato All Rights Reserved.