初めて出会った歌

この曲と決めて海岸沿いの道をとばす君なり「ホテルカリフォルニア」
                俵万智『サラダ記念日』

あの時、図書館でこの歌集を手に取らなかったら、今こうして歌を詠んでいないかもしれない。
それまでふわりとも惹かれなかった短歌の世界に、大学卒業の年、こうも強く引き込まれるとは。
なぜか詩歌の書架に足を運んだあの時の自分と握手したい気持ちだ。
その後何冊もの歌集を書き写し、それでも腱鞘炎にならなかった手首にも感謝したい。

※短歌研究2009年11月号

past >>

2009年11月


© Umi Sato All Rights Reserved.