059:矛盾

[25185]久野はすみさん

夏ならば冬を待ちわび冬ならば、矛盾だらけのひじひざかかと

夏のうだるような暑さの中では、冬の日の空気の匂いに思いを馳せ、逆に凍えるような寒さの中で夏の交差点を思い出す―
私も毎年、そんな思いを繰り返しながら季節を過ごしています。
「矛盾だらけの」は、お題なので代替はできないとしても、やや説明的な印象を受けたのですが、 それに続く「ひじひざかかと」の味わい深さに惹かれました。
ひらがな表記によって、どこかおまじないのように聞こえます。
肘、膝、そして踵で感じる季節感という着眼点が面白いです。

 

[18587]ひぐらしひなつさん

いくばくかの矛盾ゆるして午後の陽を爪のあたりにあそばせておく

下句にかけて、熟練した言葉のセンスが光る一首。
窓辺でゆったりと座っているような、穏やかな時間が流れています。
「ゆるして」という動詞に、日常の細事をひと時忘れてみようか、という作中主体の気持ちが見えてくるようです。
キーとなる単語(矛盾・午後の陽・爪)以外をすべてひらがなで表記することによって、一首に視覚的なリズムが生まれています。
初句は音数が合う類似の単語が他にあるようにも思いますが、「いくばくかの」の雰囲気こそがこの一首にはふさわしいのでしょう。

 

[17931]桑原憂太郎さん

矛盾ばかり貯め込んでゐる軽トラのキイを優しく君に手渡す

軽トラックの荷台に、何かが積まれていて、上からくすんだモスグリーンの厚手の布カバーが被せられている。
車が走り出すと、ゴトゴトと音を立てる。
その荷物が、「矛盾」だというのだから、何だか奇妙な風景が頭の中に広がります。
しかしよく読んでみると、そんな「矛盾ばかり貯め込んでゐる軽トラ」を、「君」にあげるという。
つまり、矛盾を相手にそのまま委ねてしまうということなのです。(しかも「優しく」!)
もし相手が恋人だったのなら、「なんて身勝手な人なの!」と私だったら怒ってしまうかも。
「軽トラ」と聞いたときのイメージと、音の響きがこの一首に核になっていると思います。

 

[16171]村上きわみさん

靴下が矛盾しているユキちゃんにつくってあげたい杏仁豆腐

とても優しい眼差しの可愛らしい歌です。
「靴下が矛盾している」というのは、多分、左右別々の柄の靴下を間違って履いてしまっている様子を表しているのでしょう。
このお題では、抽象的な意味合いのまま詠み込まれることが多かったのですが、 そんな中、このような使い方をしているのは独創的で目を引きつけられました。
「ユキちゃん」という名前(視覚的にもカタカナ表記がもっとも心地いいです)、 「杏仁豆腐」という語を選択するセンスがピカイチだと思います。
ユキちゃんから「雪」のイメージが、そしてそこから杏仁豆腐の白さや触感が引き出されています。

 

[10850]我妻俊樹さん

うたかたの矛盾レコードくるくると沈む時計がひどくあかるい

具象的なものではなく、イメージの連なりで読ませる一首。
単語単語がそれぞれどこにかかるのかが不明瞭になっているところが面白いです。
レコードがくるくると回る→くるくると時計が沈む、など。
そして、「ひどくあかるい」時計。
現実と非現実の境目に入り込んでしまったような錯覚をおぼえます。
なんとなく、つげ義春のマンガの世界を感じました。

<<                                      >>

001    011
002    012
003    013
004    014
005    015
006    016
007    017
008    018
009    019
010    020

021    031
022    032
023    033
024    034
025    035
026    036
027    037
028    038
029    039
030    040

041    051
042    052
043    053
044    054
045    055
046    056
047    057
048    058
049    059
050    060

061    071
062    072
063    073
064    074
065    075
066    076
067    077
068    078
069    079
070    080

081    091
082    092
083    093
084    094
085    095
086    096
087    097
088    098
089    099
090    100

back


© Umi Sato All Rights Reserved.