短歌を「読む」練習

※『題詠マラソン』とは…
2003年からインターネット上で始まった短歌イベント。
参加者全員が、1つのお題につき1首、合計100首の歌を、1年間かけて詠んでいくという催しです。

ここでは、題詠マラソン2004 の会場で見かけた気になる短歌、素敵な短歌をご紹介していきます。
旗をパタパタ振りながら、感想を書きました。
「読む」ことは、「詠む」ことにつながっていきます。

001〜100の番号は題詠マラソンのお題ナンバー。
各お題、5首ずつ取り上げています。

001    011
002    012
003    013
004    014
005    015
006    016
007    017
008    018
009    019
010    020

021    031
022    032
023    033
024    034
025    035
026    036
027    037
028    038
029    039
030    040

041    051
042    052
043    053
044    054
045    055
046    056
047    057
048    058
049    059
050    060

061    071
062    072
063    073
064    074
065    075
066    076
067    077
068    078
069    079
070    080

081    091
082    092
083    093
084    094
085    095
086    096
087    097
088    098
089    099
090    100


© Umi Sato All Rights Reserved.