blue bird 18

僕は、現在、人にあまり自慢できない恋愛関係にいる。
そもそも、この関係が「恋愛」だとは断言できない。
ということも、やっぱり自慢できない状態なのだろう。


双葉と美樹は姉妹だ。確か二歳違いだったと思う。
双葉とは、バイト先の本屋で知り合った。
やがて親しくなり、その後、妹の美樹に会った。
僕たち三人はとても気が合い、よくそろって遊びに出かけた。
姉妹はとても仲が良く、まるで二卵性双生児のようだった。
けれど今は決して、三人で会うことはない。
ふたりとも僕が好きなのだと言う。
僕は、「今は恋人を持つ気はない」とそれぞれに伝え、それぞれは「それでもいい」と答えた。
いまの状況になったのは、それから少し経ってからだった。
双葉と美樹の関係を、僕は当事者ながら理解しきれていない。
僕といっしょにいるとき、それぞれはもうひとりの話をとても楽しそうに話して聞かせる。
相手も僕と付き合っている、ということを知りながら。

雨の日に赤信号をスキップで渡れそれこそ恋愛である


                                        >>

01  02  03
04  05  06
07  08  09
10  11  12
13  14  15
16  17  18
19  20  21
22  23  24
25  26  27
28  29  30


back


© Umi Sato All Rights Reserved.