文豪のうた

ネクタイを締めた坪内逍遥が曲がり角から手を振っていた

        坪内逍遥(1859-1935)
        代表作「小説神髄」「当世書生気質」「桐一葉」など


左手でレーズンひとつまた摘まみ森鴎外は待ってくれない

        森鴎外(1862-1922)
        代表作「舞姫」「青年」「雁」など


三毛猫の頭を撫でる二葉亭四迷の指のまあるい爪よ

        二葉亭四迷(1864-1909)
        代表作「浮雲」「其面影」「平凡」など


お砂糖のついたお髭をごまかしてどうぞごゆるり夏目漱石

        夏目漱石(1867-1916)
        代表作「我輩は猫である」「坊っちゃん」「草枕」など


とめどなくビーズが滑り落ちていく幸田露伴のスーツの皺へ

        幸田露伴(1867-1947)
        代表作「風流仏」「五重塔」「連環記」など


百年間、志賀直哉へのお手紙は真夜中色のインクの文字で

        志賀直哉(1883-1971)
        代表作「城の崎にて」「和解」「暗夜行路」など


「芥川竜之介様、お元気で。」赤いレターの赤い文字列

        芥川竜之介(1892-1927)
        代表作「羅生門」「芋粥」「地獄変」など


上質な原稿用紙は散らばって消えてしまいぬ江戸川乱歩

        江戸川乱歩(1894-1965)
        代表作「人間椅子」「パノラマ島奇譚」「陰獣」など


四次元の世界のふちを踏んだとき折れる川端康成のペン

        川端康成(1899-1972)
        代表作「伊豆の踊子」「雪国」「千羽鶴」など


何回もズボンの裾を踏んづけて太宰治に渡す花束

        太宰治(1909-1948)
        代表作「桜桃」「斜陽」「人間失格」など

(出生年順)

>>

back


© Umi Sato All Rights Reserved.