いちご手帖 @

>061:論
春先ので燃やせり口論にざんぶり濡れた往復書簡

>062:乾杯
乾杯をしましょう初夏の花嫁のたてがみ白くえる真昼間

>063:浜
カラフルなレゴブロックの足や手がの浜辺に打ち上げられき

>064:ピアノ
牡牛座がフロアのに寝転べる真冬のこどもピアノ教室

>065:大阪
夜中の大阪国際空港をすっぽりくるむレインドロップス

>066:切
気はもうすぐそこにいてわたくしの初句も結句も捩じ切っていく

>067:夕立
廃屋となった婚式場を覆うバターのような夕立

>068:杉
この部の日差しは高杉晋作のポートレートの明度で暮れる

>069:卒業
校庭に金のエンゼルばら撒ける夜を卒業制として

>070:神
光射す 神学の白壁に取り囲まれたコバルト文庫

>>

01〜10

11〜20

21〜30

31〜40

41〜50

51〜60

61〜70

71〜80

81〜90

91〜100

back


© Umi Sato All Rights Reserved.