03月号

待ち合わせ場所はオキーフ画集前 図書館までの道を急ぎぬ

自転車を漕ぐ脚が、その足首が、くるぶしが、脛が、きみにあいたい

恋人の骨密度まで愛しいと思えば春のちょうど真ん中

ハモニカが吹けたらいいね恋人の声が春夜の海に吸われる

スプリングコートに光る亀たちを匿う妄想 ほうら、すぷりんぐ

>>

back


© Umi Sato All Rights Reserved.