02月号

三つ編みをきつく結うときわたくしのなかで咲きゆく黄水仙の花
                 黄水仙(ルビ:デフォディル)

母親の魂の皮の一片を腹に潜らせひとは歩けり

毛穴へと染み入るごとしおかあさん靄のようですあなたの愛は

来世には母を産みたし 爪先を汀にさしこみ目を瞑りたり

一株のブロッコリーは島として水に浮かべり白いボウルの

星のした沖へ沖へと漕いでゆく 母は海なり 沖へ沖へと

どこまでものっぺらぼうのまひるまに百日紅がとりのこされて

>>

back


© Umi Sato All Rights Reserved.